読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクグラップリング(;_;)

さて、MMAで実力通り敗北を喫した私、マシッド・リーは気を取り直す時間もなく、次の対戦グラップリング・トーナメントへ。さっさとリングへ上がります。

f:id:macidlee:20160907122109j:image

↑これから戦う男の顔とは思えない憔悴しきった表情。死にゆく者の目をしています。

f:id:macidlee:20160907122405j:image

↑相手は元気そうな若者。カーン!

f:id:macidlee:20160907122449j:image

f:id:macidlee:20160907122530j:image

↑生き急いだマシッド・リー。中途半端なタックルに行って、この力の強い若者にガブられます。

f:id:macidlee:20160907122727j:image

f:id:macidlee:20160907122740j:image

↑なんとか凌いで、立ち上がってバックを取ろうとします。

f:id:macidlee:20160907122941j:image

↑が、しかし、やはり力負け。テイクダウンされます。ついでに、ミゾオチに相手の拳か肘かなにかが入って、窒息死状態( ゚∀゚)・∵.グハッ!!

 f:id:macidlee:20160907123451j:image

↑あまりの苦しさに、もんどり打ってる間にチョークスリーパーをかっこよく極められてジ・エンドのマシッド・リー…。

 

前回と同様、勝利を挙げられず悔しい結果。雪辱を晴らせず!無念!

 

MMAグラップリングも、練習していた動きが出せず、試そうとしていた事がまるでやれなかった。自分のペースに持ち込めなかったなぁ、と。「結果」を出したいという気持ちが強すぎたのか…と色々。技術的な事は、道場に行ってからやろうと思います。

 

ワクワクに出られた皆様、お疲れ様でした。対戦相手の山城さん、赤嶺さん、ありがとうございましたm(_ _)m

 

f:id:macidlee:20160907125431j:image

↑「おらぁっ!」 最後はゲーセンで鬱憤を晴らそうとするマシッド・リーでした。完。